写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

たいふぅ~ん

たいふぅ~ん

いやぁ、すごい台風体験しました。
でも私とご近所に関しては、おかげさまでなんの被害もナシ。那覇や他の市では怪我された方もいるようです、お見舞い申し上げます。都市のほうがいつまでも外にいる可能性が高いのでしょうか? この辺りは人っ子一人いませんでしたもの。
つぶやきに実況していましたが、停電してしまい、もうどうしようもなく。でも昨晩復帰していたのに、なんと今朝起きたらまた停電していました。夕方になってやっと電気復帰。今日一日電気なしかとおもっていたので、わりと早い復帰に、ちょっとほっとしつつ。この電気のない時間の貴重さ(電気が貴重というだけではなく、電気のない生活をしてみる貴重さも)

いろいろ考えたのでそのご報告、笑

まず、電気がないと使えない、とはっきり知ったこと。あたりまえですが、意外と多くてびっくりです。
もっとも手も足もでなくなるのが、冷蔵庫。中のものが腐ると大変ですね。腐って困るようなものはあらかじめあまり入れていませんでした。火を通したものとか、のみ。それも停電してからどんどん食べました、笑 作って冷凍庫に入っていたアイスクリーム・・・やんばるの卵と牛乳と黒糖の・・・はほどよく溶けてくれたので、さっさと食べました。台風太りしないようにしないと、笑。ガスは来ているので、心配ありません。沖縄にオール電化は似合わない、と以前から思っています。もしくは併用しないとね。電子レンジはもともと、もう使っていません。トースター(これはガスでパンを焼くことはできる)、電気釜(もちろんガスで炊くこともできますが、前もってご飯炊いて冷まし冷蔵庫へ保管)、掃除機。これは、例の最近来てくれたロボットちゃんが充電式なので掃除できますが、わざわざ停電中にしなくても、って使いませんでした。洗濯機。どうしても、というものは手洗いです。でも1日か2日洗濯しなくても・・・なので台風の影響はさほど受けません。パソコン、充電式だけど、ネットが使えなくなるなんて。この辺りはもともと「光」は入らず、ADSLも基点から遠くてとても遅く、ワイヤレスは不安定でさっぱりです。なので、使えませんでした。もちろんワードとか、そういうのは使えるけど。スキャナー、使えませんね! お仕事に必要なときには、ムムムになります。プリンターも同じく。それと、オーディオが聴けない。ほとんど一日中聞いているから、あららな感じ。テレビ見れません。最近わりと見ているし、台風情報が簡単に手に入る手段なので困っちゃいます。ラジオあまり入らないんですよ。

そして、なにより、照明 ! もう今日なんか光があるうちが花なのよ、とばかり、雨だろうが曇りだろうが存在している太陽の明るさのある昼間に、読んだり書いたり、しました。昨晩は、蝋燭と懐中電灯使いました。こういうときには、ソーラーの光がいいんでしょうね。まだゲットしてません。これからの台風シーズンめがけて買うのもいいかも。沖縄なら必携です。

しかし・・・不便なことばかりかというとそうでもなくなく。
電気がなくてもできること、ピックアップしてみました。
運動、笑 家の中だとたいしてできませんが。ヨガとかなら。ストレッチとかね。アロマテラピー、自分でも精油使ってやれるし。お部屋に炊くのもできるし。暗い中でアロマランプが灯っているのは綺麗です。
電気使わない楽器。でもウチはピアノまで電気なので、弾けません。親指ピアノとか、太鼓とか、でもぜんぜん練習もしてなくて、突然はちょっと・・・歌なら、と思うけどなぜかこういう時に、そんなにすんなり歌ったりできませんね。「これしかない」と思うからかしら? 踊る、それはできる。ただし音楽がないから、かなりイマジネーションが必要です。

しかし、パソコンやらないと、なんだか時間がある。今まで気になっていてやっていなかった仕事に手をつける。静かだし、電話(固定電話、私だけではなく皆さん使えなくなっているので)もかからず。メイルもナシ。携帯でちょっとやっちゃいましたけど、笑 でもそれ、必要最低限。
なので、時間ありあり、以前買ってきて読んでいなかった、ガウディの絵集を最後まで読むとか。手を付けかけていてやっていなかった企画書仕上げるとか。
一年も放置状態だった、新しいプロジェクトにしっかり手をつけ始めた、とか。

なんかいいことずくめでしたね。今までなんか、雑用多すぎてなかった? そんな気がします。
でも、ま、こうして離れている東京やその他の県のお友達と、いろいろ言葉や日記交換できるMixiは貴重なので、これからもやっぱりやっていこうと思うわけです。別に心細いわけでもなかったけど、「外出できない時間が長い」というあまり通常ない状態だと、なんだか気分、「ふんふん(花唄ではなくて、その逆)」
になってきてしまったり。皆様のご心配の言葉いただくとやはり嬉しかったり。

・ ・・長いな。もうこのあたりで。もっと書くことありましたけど、飽きられちゃうのも困るので。
ところで、台湾から西に向かい「行っちゃった」感のあった14号が、くるっと回ってもう一度こちらに向かってます。念のいったことで。でも15号ほどには凄くないはず。
[PR]
by afrimari | 2012-09-02 14:42