写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

キューバ、第二弾

ハバナのホテル・ナシォナル、というホテルのwifiは、2日続けて使い切らないと無効になってしまうのです。
高いしもったいないので、笑

では、日記、書こう、と。

ハバナでは、イサという大学に通うことにしました。
ハバナ大学に行こうとしていのですが、すごく高いコースしか4月には開講しなくて。これを何か月も続けたらヤバいです。

なので、週2回で、6時間ですし、ちょっと遠くもありますが、イサという大学に行くことに。
すでに授業が始まりましたが、今週は、キューバは全国的に休み。

早くもホリディです。

キューバ着くなり、サンティアゴ・デ・クーバ、という東部の町のトローバ・フェスへ行き、ものすごく楽しみました。
ハバナではルンバが盛んですね。まだまだ分からないことがいっぱいで、なにしろ17年間も通ってきたけど、「住む」のは初なので。

旅と住むは、やはりずいぶんな違いが。

なんだかこうして書いているといつ切れるかと心配になるので、この辺で、今度は、ワードに原稿を書いて来ようと思います。

なにしろ今日は、送らないと鳴らない原稿があったで、「時間キレ」になる前にこうしてホテルまてせやってきました。ではでは。
[PR]
# by afrimari | 2015-04-12 23:39

キューバにいます

4月11日 大使館設立か、というニュースもありましたが、どうやらまだのようです。
またいろいろなことをあっふ゜していきます。

なにしろワイファイつなぐまでけっこう時間がかかりました。
[PR]
# by afrimari | 2015-04-12 00:31

3月8日、トークショー

@ 神戸

下記、キューバのイベントやります。
私は、「トーク」と、写真はちらり、投影

そして、お友達の「Quarte Suwave」

がステキな南の風を運んでくれます。

ぜひ、どおぞぉ ! お申し込みは、Fbページへのポチでも。
お店でも、アップしてくれました。
http://blog.goo.ne.jp/Bucato/e/4ef16f3d85dd51bb9a23379d70bb215b


https://www.facebook.com/events/331321983724155/?pnref=story
[PR]
# by afrimari | 2015-02-20 09:27
HP トップへは
http://orange.zero.jp/afrimari/


リレーエッセイ、始まりました。

一年間を四人で回すので、年間3回、ということになりますが。
「環境さんぽ道」

一回目は、アフリカの楽器にしました。


http://www.eic.or.jp/library/sanpo/sa150210.html

撮影場所は、先日の「アフリカ・ミーツ・カンサイ」です。楽しかったな。
[PR]
# by afrimari | 2015-02-13 06:43

CUBA と 米国

HP トップへは
http://orange.zero.jp/afrimari

CUBA ×米国     ちょうど、イベントのあった日(下記の日付は17日)。米国からキューバへのメッセージが公表されました。キューバ政府からのコメントが大使館経由でメイルで届いているので、掲載します。
おおまかなことはわかりますが、詳細、将来、双国の意図、などは読んでもわからず。しかし、「変わる」ことだけは確かです。
英語を読むのが面倒な方、パソコン上の翻訳機は、ひどい日本語になりますがだいたいはわかりますね。

Statement by the Cuban President

Fellow countrymen, Since my election as President of the State Council and Council of Ministers I have reiterated in many occasions our willingness to hold a respectful dialogue with the United States on the basis of sovereign equality, in order to deal reciprocally with a wide variety of topics without detriment to the national Independence and self-determination of our people.
Author: Granma | internet@granma.cu
december 17, 2014 12:12:51
(December 17, 2014)
Fellow countrymen, Since my election as President of the State Council and Council of Ministers I have reiterated in many occasions our willingness to hold a respectful dialogue with the United States on the basis of sovereign equality, in order to deal reciprocally with a wide variety of topics without detriment to the national Independence and self-determination of our people.
This stance was conveyed to the US Government both publicly and privately by Comrade Fidel on several occasions during our long standing struggle, stating the willingness to discuss and solve our differences without renouncing any of our principles.
The heroic Cuban people, in the wake of serious dangers, aggressions, adversities and sacrifices has proven to be faithful and will continue to be faithful to our ideals of independence and social justice. Strongly united throughout these 56 years of Revolution, we have kept our unswerving loyalty to those who died in defense of our principles since the beginning of our independence wars in 1868.
Today, despite the difficulties, we have embarked on the task of updating our economic model in order to build a prosperous and sustainable Socialism.
As a result of a dialogue at the highest level, which included a phone conversation I had yesterday with President Obama, we have been able to make headway in the solution of some topics of mutual interest for both nations.
As Fidel promised on June 2001,when he said: “They shall return!” Gerardo, Ramon, and Antonio have arrived today to our homeland.
The enormous joy of their families and of all our people, who have relentlessly fought for this goal, is shared by hundreds of solidarity committees and groups, governments, parliaments, organizations, institutions, and personalities, who for the last sixteen years have made tireless efforts demanding their release.
We convey our deepest gratitude and commitment to all of them. President Obama’s decision deserves the respect and acknowledgement of our people. I wish to thank and acknowledge the support of the Vatican, most particularly the support of Pope Francisco in the efforts for improving relations between Cuba and the United States.
I also want to thank the Government of Canada for facilitating the high-level dialogue between the two countries. In turn, we have decided to release and send back to the United States a spy of Cuban origin who was working for that nation. On the other hand, and for humanitarian reasons, today we have also sent the American citizen Alan Gross back to his country. Unilaterally, as has always been our practice, and in strict compliance with the provisions of our legal system, the concerned prisoners have received legal benefits, including the release of those persons that the Government of the United States had conveyed their interest in.
We have also agreed to renew diplomatic relations. This in no way means that the heart of the matter has been solved. The economic, commercial, and financial blockade, which causes enormous human and economic
damages to our country, must cease.
Though the blockade has been codified into law, the President of the United States has the executive authority to modify its implementation. We propose to the Government of the United States the adoption of mutual steps to improve the bilateral atmosphere and advance towards normalization of relations between our two countries, based on the principles of International Law and the United Nations Charter.
Cuba reiterates its willingness to cooperate in multilateral bodies, such as the United Nations. While acknowledging our profound differences, particularly on issues related to national sovereignty, democracy, human rights and foreign policy, I reaffirm our willingness to dialogue on all these issues. I call upon the Government of the United States to remove the obstacles hindering or restricting ties between peoples, families, and citizens of both countries, particularly restrictions on travelling, direct post services, and telecommunications.
The progress made in our exchanges proves that it is possible to find solutions to many problems. As we have reiterated, we must learn the art of coexisting with our differences in a civilized manner. We will continue talking about these important issues at a later date.
Thank you.

Fbに書いたものですが。こちらにも。




板垣 真理子 皆さんがいろいろと書いていらして。私のわかる範囲で少し付け加えます。オバマ氏が、キューバへの歩み寄りを公約にしていたこと、今頃になって思い出しました。その後があんまりだったので、すっかり忘れていいましたが。      また、昨年の暮れ、ちょうど今頃、キューバへ出かけた時にとんでもないものを目撃。派手なピンクや黄色のカラフルに塗ったオープンカー(あのライクーダーの乗っていた、すてきなサイドカーじゃないですよ、笑)に、恐ろしいほどに派手派手に着飾った男女が乗って、ハバナの町を走り回っていて。「なにあれ?」になりました。その後、そういった現象・・・一般的な現象ではありません、もちろんのこと・・・を撮影した米国人のフォトグラファーがいて、その人たちがいう事には、その背景にはキューバの政府もかかわっていて・・・本当かい? うむ、真相はわかりません。そんな話も聞いたので、何かが起きているな、と。また、NYには、ブルーノート・キューバができるという話題もあり、ああ、米国、動いているな、と。そろそろ今までのキューバは終わりに近づいている、ということだけはわかりました。
                                  
キューバ政府から届いたこのメッセージを読むと、歩み寄り、は米国からだけではなくて、キューバもずっと続けていたのだ、と書いてあります。そうなんだ、と思います。                                           
また、一般的に、キューバの革命と社会主義をいっしょくたにかんがえられやすいですが、そうではなくて。実際に社会主義国となる宣言は、革命から二年を経過してからなされています。それまでは、つまり革命直後は、キューバはけっして米国と敵対し手を切るつもりでいたわけではありませんでした。       そのあたりを把握していると、今回のことが、恐ろしく時間はかかっているけど、突然の寝耳に水、というわけではない、ということはわかります。       

でも、結局「米国の意図、真相」というのは、私にはわかりかねます。あ、でも、今まで米国がキューバに経済封鎖(経済制裁、という言葉は、米国側からしかしません。キューバでは決して使わない言葉ですのでよろしく)をしてきたのは、逆に考えればなんの意味もなかったわけですから・・・単なる意地・・・その結果は、これからの世界が教えてくれるでしょう、ああ、しかし・・・

私の本が、古典になっていく・・・言いすぎか。あ、でもね、あの世界はね、本当に特別のものだったんですよ。キューバ人じゃないから、言える、と思いますけど。消えてしまうのは惜しすぎる。何かを守ってほしいよぉ ! (すべてがいい、なんて絶対に言ってません

ほんの少しずつ、古典になっていく拙書のこ案内、笑 「キューバへ行きたい」(新潮社)=ここにも、革命当時とその後の進展が書かれています。「キューバ、甘い路上」写真集です、絶版です。ウエブ上で買えます。「キューバ、愛」=ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの面々、全員へのインタビューとツアー同行記。これも絶版。ネットでどうぞ。もしくは、図書館にもありますよ。
[PR]
# by afrimari | 2014-12-20 13:49