写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ぎりぎりのお知らせですが。

明日の12月1日の東京新聞夕刊に、

先日でかけた宮古島の探訪記が掲載されます。
映画「スケッチ・オブ・ミゃーク」もからめ、

私が「原発移住」したこともからめて書いてくれ、と言われました。

力入って、思わず長くなってしまい。

編集部から、どこにもたるみのない文章で削るところない・・・と言われつつ。それでも「涙をのんで削りました」といわれた文& 写真が載ります。
言いたいことは一応、載ってます、私自身も楽しみです。

皆様、よけしければ、東京新聞、明日の夕刊、ご一読。

原発発生以来、ずっとマスコミの正しい姿勢を保ち続けてきた東京新聞。
私も以前からときどき、文化面で書かせていただいてきましたが、今回、沖縄発信、初・・・の記念すべき記事です。よろしくっ

それと、映画「スケッチ・オブ・ミャーク」をもっとしっかりフィーチャーした記事が、12月3日売りの、「ソトコト」に載ります。
自然によりそい、自然に眼差しを送り続けてきた雑誌。こちらも以前からのお付き合いですが、沖縄発信初。

こちらもぜひ !

以上、沖縄に来ても、以前の姿勢のまま仕事続けてます、板垣からでした、笑

そうそう、沖縄初仕事は、モレーノ・ヴェローゾの桜坂劇場。ミュージック・マガジンでした。これも今出ている号です。お気になる方はこちらもどうぞ。

こういうことやりつつ、放射能避難をしたい方のための計画、少しずつですが、進めています。

犬に噛まれた足、ずきずきしながら、なんとかがんばってます、

皆様も、ぜひ遊びに来てね !

(今日、病院へ行ったら、「噛まれて一~ニヶ月くらいが一番化膿しやすいし、痛むんですよ、傷だって深ければ跡が残って当然です」
と当たり前みたいに言われて、かなり嫌になった。

常に、ずきずき痛んで足が重くなったり、痛かったりする人の気持ち、わかるんだろか? あの女医さん。最初に親切だったぶん、裏切られたみたいで、なんか嫌 !

あらら、グチで終わったわ。

でも記事が出るのは、文句なく嬉しいです。

これからも沖縄のいい所はアピールする。

だめなところはいずれはっきりさせる、笑
ほんとだってば、♪

(役所がやってきて、こちらは関係ない、なにもできない、と言ったのよ。ふぅ~ん、ここって、そういうところなんだ、って観察してます、今。ちなみに、こちらの犬の監督は、保健所ではなく、今帰仁村役場です。私を噛んだ犬は、飼い犬でしたが、9年間、狂犬病の予防注射をしていませんでした。被害者が出ても、どうやら役所はほっかむりするつもりらしですよ、こちらもおいおい、ときどきリポートすることにします、笑 shit !)だんだん○本気○になってきたわ。

怒りは静かに、しかし、ずっと続けようね♪
荒ぶる怒りは自分を傷つけるから、ほんとだよ。
[PR]
by afrimari | 2011-11-30 21:56
高線量の土地、国が買い上げを検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000047-mai-pol

今日、二つ目のアップでした。

昨日、まとめて何日かぶんアップしたので、よろしけれはそれも読んでくださいね
[PR]
by afrimari | 2011-11-25 19:39

互いの自己を・・・

朝っぱらから、今日の一言


トレヤ、と ケン(ケン・ウィルバーと、その夫人、結婚直後に癌発症がわかる)


ぼくたちはシンプルかつ直接的な方法で互いを助け合い、互いの自己を交換しあった。だからこそ、自分や他者、「わたし」とか「わたしのもの」といった観念を超越した、永遠の〈スピリット〉をかいま見たのだった。」(下巻P342-343)

トレヤとケンの生き方を読んでいると、この限りあるいのちを限りあるいのちとして自覚したうえで、それをどう生きるか、がもっとも大切だということ、☆

上の二行は、このサイトを書いている人の文です。


互いの自己を交換しあった・・・「サボール・アミ」というラテンの名曲を思い出した。あちらはずいぶんとフィジカルな匂いを感じる歌詞ですが、同じ意味なんだと思う。・・・これ、私
[PR]
by afrimari | 2011-11-25 10:01
昨日出かけようとしたら近所に住んでるお友達5歳のみゆうちゃんが「あ~~~!」て超音波つきの声出しながら走ってきて

「お花あげにきたの」てかわっゆいんだわぁっ!

袋にいろいろ入ってて「黄色いハイビスカスきれいね」と言ったら「黄色がいい?」てとっさに反応して渡してくれた。

飾ってある、きれい、嬉しい
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:50
今日は、大切な交渉事の日だった

沖縄に来て以来、初めてジャケットを着た

白いレース付きブラウス、黒のジャケット、黒いエナメルのバンプス、ただしロー・ヒール。

すべて母の遺品

守ってくれると思ったから
母は、いつも私を信頼し、心から応援してくれていた

それが心強かった

今日もきっと守ってくれてた
うまくいったから !

この世よりもあの世のほうが心強いこともあるね♪
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:48
東京、とありますが、これは東京の車のエアフィルターを検査したからでしょう。ほかの地域だって同じです。


東京の車はエアフィルターを交換しないと車自体がホットスポットになる可能性があるそうです

http://www.spotlight-news.net/news_fVXr4tsN2M.html(10分前)
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:47
11月20日の東京の雲、77枚、いただいてきました

http://togetter.com/li/216779

きれいと言う人も、ヤバい(どっちの意味で?)と言う人も、恐い、という人もいます。

でも私にはやはり恐いです !

写真の証言て、凄いですねぇ
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:46
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/photos/20111115/dms1111151134009-p1.htm?__from=mixi 土壌汚染マップ、

先日も見たけど。も一度。

沖縄、載ってませんが、たぶん5くらい。九州と同じくらい・・・かなぁ?

続いて、ため息・・・ですが。貼ります。 http://www.mbs.jp/news/jnn_4882390_zen.shtml

福島第一原発の、3号機で毎時1600ミリシーベルト。先日の1300ミリより上昇してるし・・・年内どうとかはかなり無理。
もちろんなってくれれば嬉しいが・・・
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:45
もうね、会う人、会う人、宮古なんよ

東京でね、携帯壊れて直しに行ったら、住所見て
「あらっ、私、宮古です」って

こちらに帰ってきて、温泉へ行って(あるのよ、ふふふ)どっと高校生が入ってきて「駅伝でます」って、「どこから来たの?」「宮古」笑

もう沖縄には本島と宮古しかないか、ってくらい、
呼ばれてるね、間違いなく

でも

今日は、K岡さんていう、ここで有名な有機農業の人に会ったの、
この人はないちゃ~・・・つまり、沖縄ではない内地から来た人のことね、私も含め、この読者の人ほとんど・・・さ。あ、ちょっと例外あり・・・笑

でも沖縄在住10数年
いい~~人でね、友達になったよ

人は会う回数とか、出身とか、そういうの関係ないね、本当のところではね
一回会っただけで、もう友達になれた、
いいよ、凄いよ

でもね、
宮古の「おばあというには早過ぎるひとたち」、60歳代、
明日、本島の浦添小学校で、踊りやるんだよねぇ、
「来なさいよ」
「行きます !」て言ってたのに、私、軽く捻挫して

ちょっと疲れてたんだわ
この足で車乗って浦添まで辛いわ、誰か乗せてくれないかな、
と思うけど、知ってる頼りは、携帯ナシ、メイルナシ、笑

あ~あ、

でもね、おばあ予備軍・・・すみません ! ♪
に電話したら、じゃあ、小学校に来れなくても、翌日中間あたりで食事しましょ、て優しいんだな

沖縄、一般人は優しいよ、特に、宮古 ! もう言っちゃう !

それにひきかえ・・・今はやめときましょ
そのうち、楡家の人々、なんとか編、書くもん~
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:44
実際的なタイトルだな、

なんのわざもナシ

でもそのとおりなんだもの、5泊4日

何人もの人に会った・・・ありがとう !
お陰で嬉しいけど、かなり忙しかった
今数えたら、会合で会った20人ほどの人は除いて、20数人に会ってた・・・通常はないよね。

忙しいのもしょうがないでしょ? でもね、楽しかった
ライヴが一個だけ、はちょびっと寂しかった、でも聴けたからいい
すっごくいいライヴだったし

今、計画していることが、信じがたく前進した

また、行かずばなるまい
沖縄と、東京のモード(服じゃなくてね、自分の中のギアというか)
ずいぶん違うことが、バランスとりながら、計画実行していくことの大切さの一つでもあるな、と思う

今、東京には「帰る」だし、沖縄にも「帰ってきた」だし
両方人間なんだよ、私
ずっとそのままかもしれないし、いずれ沖縄になるのかもしれないし、それはないのかもしれないし、しれない

沖縄に来てから、初の里帰り(里はもうないけどね)だった、
ちゃんと移住できてから、一月と少しで

ホントはわりと嬉しかったんだ。でもね、そんなに懐かしいとか久しぶりという実感はなかった。まだ一ヶ月だしね、

いずれ、また「行く」

那覇の空港に着いたら、早くも打ち合わせの人が待っててくれて
名護には、ご近所で親しくなったファミリーの人が迎えてくれた
なんかそれもまた嬉しい
[PR]
by afrimari | 2011-11-24 21:43