写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

これからのライブ予定を書く、というのはあまりやっていないし、マイミクさんにアーティストいっぱいなのであえてしていないのですが、今回に限り、ちょっとした事情で書きます。すべて私も行くライブです。

27日 夜ピットイン
ウーゴ・ファトルーソp (ウルグアイ)、ヤヒロトモヒロper. 松田美緒vo
この組み合わせで聴くのは初、というよりもウーゴが初なんですね、私にとっては。お二人のCDでは聴いてます。ここに美緒ちゃんが加わってどんな演奏になるのか、楽しみです !

29日 夜19:00~
アフロヘイシャン・ダンスWS 先日の日記の同タイトルと同じ場所です。見てね。吉祥寺です。

9月6日 昼ピットイン とヘイシャン・ダンス
中路英明 伊藤志宏 サイゲンジ 太田朱美 他 ピットインサイトで見てね。
それと、
この日の昼、夜、Be in の会場で、ヘイシャン・ダンスの先生、みさをさんが踊ります。私もピットインが終わったら駆けつけます。会場その他、Be in で検索してね。もしくはどなたか書きこみしてください、笑

9月23 日24日 のどちらか、夜ブルーノート東京
エディ・バルミエリp NY サルサの雄。ライブ未経験のため、観れるうちに。CDは熱烈愛聴、ただし古いものですけど。ライブはまた別。もう、この人のピアノったら・・・はぁ~

☆☆☆また、なによりの私からの お知らせ9月9日~ 10月1日
写真展 「板垣真理子ブラジル写真展」――バイーア、踊る神々のカーニバル
本の出版「ブラジル紀行」――バイーア、踊る神々のカーニバル
    (ブルースインターアクションズ刊)
期間:2009年9月9日~10月1日 ( 3週間と2日)
開館日】 平日:9-13時、14-17時
(休館日;土日祝)時間同様くれぐれもお気をつけくださいね ! ! !
開催場所: ブラジル大使館ギャラリー
  住所 東京都港区北青山2丁目11-12B1?最寄り駅 銀座線外苑前 5分
ブラジル大使館後援 ブラジル外務省協力
内容:
深く混在したブラジル文化のもっとも大きな担い手であるアフロ系の世界を色鮮やかなカーニバルや祭りを中心に見せる。ルーツ、ヨルバの写真も特別展示
写真 25枚カラー (130×90 と 90×60 ) とモノクロ 2枚サイズ同

著書は、☆あの☆「バイーア・ブラック」の復刊。カバーと中のカラーページ、モノクロ・ページも色鮮やかに美しく変身。中身も加筆、CDセレクションはまったくあらたにつくり直し。カエターノ、ジョアン・ジルベルトなどの写真も満載 ! 「バイーア・ブラック」を知る人も知らない人も、ぜひ新たに、よろしくです ! 発売は9日の写真展にぎりぎり間に合いますが、書店では遅れる可能性アリ。アマゾン他のウエブサイトで予約もできる「はず」です。

マイミクさんにはまた別途、お知らせありです。乞うご期待・・・
[PR]
by afrimari | 2009-08-24 11:30
水野みさを先生は、とってもすてきな人です。
最近、サンフランシスコから帰っていらした、私もちょっとしたご縁でお会いでき、ダンスのクラスにも二回。

何故かこの踊りはまったく体が痛くならないのです。もちろん人にもよると思いますけど、日常的な動きの中に自然にくみこまれているせいなのか、日ごと夜ごと、好き勝手に私が日頃踊っている動きに近いせいなのか、とっても不思議です。初回はこの日記にも書きましたが、かなりな柔軟もしたのです。でも私のお友達も「痛くならなかった」と言っていました。しかも ! 生ドラムがついてくれる。太鼓手はGAKUさん。みさを先生同様、サンフランシスコから去年帰っていらした、魅力的なドラムを打つ人です。

踊りは、水や蛇のイメージって言ってもピンとこないかな?
ハイチの踊りなのです。

私が長年かかかわってきた、アフリカのヨルバにもとても近く、魂に繋がる踊り、かなぁ。
ま、やるのが一番わかりやすい。

これからも行けるときにはぜひ行きたいです。
今日もレッスンがあったんだけど、昨日、一昨日と連ちゃんのライブで、だるだる。

来週以降のスケジュールを書いておきます。
8月は22日29日 吉祥寺スタジオ・アムリタ(ウェストB)

先生のプロフィールはこちらから
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1650896

連絡は携帯からということで、misao2001@ezweb.ne.jp

一緒にゆらゆら、ぴょんぴょんしましょうね !
[PR]
by afrimari | 2009-08-15 14:42

赤と黒

ってたって、もちろんスタンダールではなく。こっち側(どっち側やねん?)の人にとってはもうこれは「エレグア」で。もしくは「エシュ」で。同じものなんだけどね。いろいろあってね、キューバはほとんど前者で言われてて、ブラジルはほぼ後者しか聞かない。もちろんルーツのヨルバでは両方ですわ。

ふ~む、9月にこういう本が出るの。宣伝は後で。

で、自転車買ったの。それがこの色、はからずも。この世にははからずものことがあふれてて、それもまたよしで、どう転がるか、はたまた転がすかは自分しだいでありまして、前置きはもういいから、そうね。

こないだ日記にも書きました、自転車、盗られたのね。どのくらい待って買うか、が判断のしどころだったのですが。電動アシストなもんだから以前にも一度盗られてて。でもそれは温泉と緑と青い海の湯河原に住んでいたころのことでしのたで、二ヵ月後にりっぱにお巡りさんが探し出してくれたのでした。でも、この大都会、TOKYO。どうも「売られちゃった」気がしないでもなく、いや、自転車、裏ビズあるらしいです。ぐすん !

で、ある日決心して、近くの大型スーパーへ。暑いから涼しくなってから。ったら、ここは六時までですって。ふむ、で次は少し早めに。したら数日前にはいっぱいあった自転車がすっかりなくなっている。「一番だめな日に来たね、木曜日に品物が入るから今日は一番ない日なの」あ、そですかぁ。ああっ、もう早く欲しいわ。じゃあ、ネット通販。てことで可愛い黄色の自転車、ゲット ! 以前の「青」には悪いけど、ちょっとウキウキ。

ところが、ペダル、ハンドルなど、あまりこういうことが得意ではないワタクスががむばって組み立てたにもかかわらず――なんとフーレームが高過ぎて前乗りしかできない私には危ない ! 速攻ばらして返品、汗だく、この暑いのに ! お向かいの親切なおじさんが手伝ってくれなかったらどうなっていたことか。ネット上の写真じゃわからなかった、気をつけようねつて、こんなの私だけ?

でもその方情報、商店街に自転車屋さんできましたよ。ほんと? 行かねば、ということで見つけたのが、「赤と黒」そういうわけ。長かったですね、お付き合い、どうもぉ。もう自転車カバーも買っちゃったもんね。これも以前の「青」にはしなかったことで、ごめんね、青、とちょっと心が痛むけど。錆びさせたくないんだ自転車。

さて、ここのところ日記、いくつか。
たつみちゃんと初デート、どきどき、で、西荻窪の「音や金時」で、吉野弘志b 鬼怒無月g 太田恵資vln 吉見征樹tablaのユニット。豪雨の中出かけてびっしょり。でも音がほっかほかですぐに乾きましたとさ。私、この人たち全員好きなんですけど、太田さんのvln はもちろん好きなのですが、歌がまた良くて。聴きましたよ、この日も。おまけに見事なホーミーまで・・・ああっ、天国ぅ~たつみちゃんもとっても喜んでくれていたみたいだから、いよいよハッピーでした、ほんといい子だ。弱音トークも可愛いし。いや、これはMixi日記だけですね。ほんとに会ったたつみちゃんはなんだか以前ちらり会ったときよりぐっと大人びて、すてきな女性だったのでした。

昨日、たつみちゃんの「勘違い」のおかげで行くことにしてしまった、伊藤志宏のトリオ、@青山ZIMAZIN。私、心の中に地図ができちゃうとわりと消せない人で。って実は行きたかっただけなんだけど、笑 行って良かった。トリオ、六年ぶりだそうです。小泉克人b 小森耕造ds。力こもってました。志宏さん、メロディーもきれいなんだけど、リズム、凄いんでよすね。もうピアノを弾くパーカッショニストかっていうくらい。あ、マイミクだから読まれると恥ずかしいな。でもいいや、ほんとのことだし。狭い店内、溢れんばかりの人でした。パーカッシヴな激しいリズムの曲もカッコいいし、きれいなお月様の曲もいいんです。あ、あれは月、じゃなくて月影なのかなぁ・・・?

連日、こんなことばかりしていていいものか、と思うけど、いえ、昼間はちゃんとお仕事もしてますがな、夜中に原稿読んだり、メール送ったりも一応ね、笑 言い訳っぽいな。

そうだ、本の宣伝、9月に出ます。
「ブラジル紀行/ バイーア・踊る神々のカーニバル」ブルースインターアクションズ刊。¥2500-アマゾンでもお買いもとめになれますし、大型の本屋さんでも、どうぞ、ご注文なりなんなりよろしくぅ。私、まだ初稿見ています、笑どきどき・・・
で、写真展も。9月9日からは、青山ブラジル大使館内ギャラリーで写真展、ほぼ同タイトル。紀行だけ抜いてください。こちらもぜひ。また近づいたら丁寧に告知します。土日はお休みなので、ご注意くださいましぃ~10月1日までです。おぼえやすいでしょ?
さて、今日はこれから、ヘイシャンダンスのレッスン。青山スタジオは今日までなの。これ以降は吉祥寺になってしまう。ぐすん、近かったのに。これもまた告知しますねん。たのしいですよ~ん。ライブで太鼓がついてくれるし~。贅沢 !
[PR]
by afrimari | 2009-08-09 13:33

ロックなのぉ?

今頃FUJIROCK の話題を書いてもなんだか一週間前の新聞読まされているみたいで・・・になるのでどうしましょう? 好きにすれば? そうねってことで軽く。

いやぁ、2日目参戦なれど、もう事故渋滞で・・・ああ、自己重態って書きそうになりました、まぜるなさま、勝手に「くだらない帳」でございます・・・さっと行けば関越道は軽く二時間ちょいで到着なのに5時間以上かかって。ひどい !

シェウン・クティに間に合わないかと思いましたが、ゲートに着いたのが始まる5分前で、走って走って走って・・・間に合ったんです、一曲め。遠いのよ、ゲートからグリーンステージだって。前座サックスさんが吹いていました。でも・・・この先はまあご想像にお任せっていろいろあったのよ。あまりに走ったんでカメラのミラーがカメラの中で落ちちゃったり、とほっ、こう言うと皆に「デジカメじゃないんですかぁ?」って訊かれるけど、デジカメちゃんにも一眼レフ君にはミラーがしっかりあるのよ、一回ごとにスキョン、スキョンと回転しているわけ・・・もうこのくらいにしておきましょうね。でも無事に撮れたの、マガジンの仕事はクリアでございます。ガッツ !

幸い、雨にはならず。晴れ女の名誉万全。翌三日目もそんなに降らなかったんですよね? 野外に雨はつき物とはいえ、いやはや・・・皆様お疲れ様でしたぁ !
四人で車同乗で行ったんだけど、全員ばらけて、おかげで知らない人とお友達になりましたぁ。音楽好きさんだから、これからもお付き合いあるかもねぇ?

それにしても「JET」の時の人の集まりよう、凄かったですねぇ?! 私、もともとロックの人ではあぁんまりないのでびっくりしちゃいましたよ。ロックもね、もうちょっとテイストの違うものだったらけっこういけるのですが・・・何人かわかんない外国人スタッフさんとお話していて「皆、ロック、好きなんだねぇ?」と言ったら「だってFUJIROCKなんだもん」て、ほんとだ、笑

帰ってきたら、本の入稿、火がついてまして、さすがにしばしMixiもお休みいたしました。ぶぅ~ ! それでも敬愛する写真家、大先輩の鋤田正義さんから「清志朗追悼と、UKロック」の写真見ながらトークと、なんだかんだ盛りだくさんイベントへのお誘い。ばっちりのぎりぎりで入稿、手放していきましたぁ ! 清志朗の、メンフィス、綿畑の写真、良かったです ! 私、夕景のが好きでしたよ。写真なんだな、と思った。も一度音楽家の写真、振り返ってみたいな、とか思いました。鋤田さま、おかげです ! ライブは、なんと鮎川誠さんよ、シーナも来ちゃって、なんだか懐かしい(ちゃんとロックしているじゃないか)しかも! ジュニアですよ、大きくなっちゃって、三歳くらいの時、知ってるもんねぇ。何故かこの週はロックだらけで、ちゃんと縦ノリでも踊ってきました。深夜の下北。めったにないす、こんなの。

手放れた、と思っても本てどこまでも続くんですよね。まだまだやってます。でも一度放れたらけっこう気持ち軽くなるし。あ、9月に出ますので、よろしくです。先行宣伝、すみません。タイトルその他まだ未定。宣伝になってないやん !

昨晩は、急遽、yoshicompasちゃんと「まぜるな危険」さんの率いる「オバタラ・セグンド」おお、やっと私の領域に戻ってきました。in 赤坂B♭。いつもながらの・・・ってオバタラは初だが、皆どこかで観た聴いた人中心なんで・・ばっちりできてる音の群れ。昨晩は、「特に」バラモンさんこと、伊藤志宏のピアノの繊細かつぶっちぎれぶりが凄くて。一度など皆唖然・・・というシーンも、笑。ピアノ打楽器化があそこまで凄い人もなかなか。

私、この人、ピアノというおうちに住んでるんだな、って思いました !

いやぁ、こんな言い方どうかと思いますが、素晴らしいコストパーフォーマンス。ほんと、こんなの聴かせてもらって、この価格? って思いましたよ。ヘンな意味じゃなくて。充足です。

以上、近況報告。お久でしたぁ・・・
[PR]
by afrimari | 2009-08-01 22:45