写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アントニオ・ガデス舞踊団が来日しています。

一昨日からゲネプロに張り付き・・・
すてきです ! 二年前にも増して感動します。

本公演が初日!
明日の演目は、「カルメン 」!

http://www.gades.jp/

また、ついでと言ってはナンですが。二年前のスペイン取材時のすてきポートレート・・・えっ、私の撮影ですよん !
来日時のバンフ、ポスターなどもやらせていただきましたねぇ。
キヤノン:EOS 5D SPECIAL SITE
ここから、私の名前クリックで見られます。

カルメンそのものを知りたい方は、別に検索してね。
[PR]
by afrimari | 2009-02-28 00:13
昨日は初で、「合わせ技大会」に参加。体調は良くなくて不参加表明したのに、当日サイトでJBの動画を見たらたまらず・・・行って良かった ! 参加するって言ったって、何もできないじゃない、と自分でも思ったけど。だってあんなシャウト系野太い声なんてとうていとうてい・・・なので、ボンゴだったら、こっそり隠れてできるかもねぇ・・・と。それでも充分楽しかったよ。お付き合いいただいた皆様、ありがとう !
マントまで出てくるなんて最高 !

2日かけて「チェーン・ポイズン」本多孝好著、読みました。面白いです。一気にいけます、というよりも一気に読んだほうがこの本のミステリーの部分がはっきり味わえます。そんなわけで、どんなコメントもネタバレになるので書けません。

数日前にナッジナッジ(芳垣さん率いるパーカッション団)観ました。イズポンが去年の秋に参加してから初でしたが、なかなか楽しかったです。誰だったかなぁ? あのシンバルとか、太鼓まで投げだしちゃって凄い音立てている、クレージー・パーカッション、凄腕、凄顔(失礼 ! でもたぶん褒言葉 ! 笑)小さいシンバルなんて客席まで飛んで行きましたよ ! !

数日前、牡蠣パーティ・・・エピソード満載過ぎて書けませんね。
その間にせっせせっせと企画書、今後の計画などなど。年の初めは、具体的な目標に向かっているか、もしくはその計画をたてているか、のどちらかが多いですね、私。だって、動くのは春夏のほうがしやすいし、笑 秋? それは食欲と収穫の時期です、もっちろん !
[PR]
by afrimari | 2009-02-22 21:47
この日記でも春樹さんのエルサレム賞受賞のニュースについて少し書きました。

その回答のようなものがここに出ています。

You Tube 生の声で聞けます。
http://www.youtube.com/watch?v=4c7BmEJ9ais

殺されていく子供や弱い人間を卵と表現し、もし壁が正しいとしても卵側につく、と。

これも

http://blog.goo.ne.jp/km_kenken/e/5acc83d1d1110496ae9c592a57019631

やはりかなりの人から「受けるべきではない」と言われたようですね。
私の望みは、いつか春樹さんがこの体験を糧にしてなにかを書いてくれることです。
その作品でいつかもっとすっきりするなにかが見えてくるかもしれません。
ほとんどの作品を読んでいる一ファンとして期待したいと思います。

そう言えば、あの日の私のMixiの日記へのコメントはゼロでしたね、笑!
[PR]
by afrimari | 2009-02-19 01:57
8日、代官山の晴れたら空に豆まいて、でハイチのピアニスト、エディ・プロフィットのライブ。ううっ、暖かかった ! 外はぴゅうぴゅう北風が強かったけど、ここはカリブの暖かく優しい風が吹いた。

もう心もおなかもほっかほか。あまりの幸せ感に、帰ってバタンキューでしたよ。会場じゅうが幸せ感に包まれていて、隣に座っていた見ず知らずの人ともおしゃべりに花がさいて、後でメールまでいただいて。こんな関係を作ってくれるライブって素晴らしいです。感謝 !

感謝は、エディだけではなく、迎えた、サックス梅津和時さん、パーカッションのヤヒロトモヒロさん・・・お二人の力も暖かさに拍車をかけて磨きをかけて最高のライブにしてくれました・・・・ミュージック・マガジンにも書くのでこれくらいにしておきます。

今日の夕方、携帯に非通知でかかってきた不思議な電話・・・わぁっ ! ガーナの二・テテちゃんじゃないの ! ガーナは暑いって、ガーナには色がいっぱいだって、笑  用事ないのよ、つまり。それでかけてくれているの、電話。最高でしょ? 「何も用事がないときに電話する だからそれが重要なの」・・・拙書「アフリカ・喜・気・樹」より、笑・・・ちょっと言葉が違っているわきっと、笑

寒いですね ! いろいろなウィルスにかかっている人もいます、皆様、どうぞお気をつけて。手洗い、うがい。外のタオルで手なんか拭かないほうがいいと思いますよ。私も清潔な小タオルやハンカチ持って出よう。ガァ~って乾かしてもいいけど、あれ、手が荒れるんですよ、知ってました? 紙は節約したほうがいいと思うし、ねっ?
[PR]
by afrimari | 2009-02-11 23:23
私は年中、路上の占い師さんから声をかけられる。そういう顔らしい。嬉しそうに歩いている人は少ないみたいだし。

今日もまた。
ほとんどパスするんですけど、今日の人は「二分だけ、二分だけ」と言われたので・・・

「解顔の相がとても強く出ています」(これは定番です。解顔は笑顔のことらしいです)
・・・はぁ、どうも・・・
「なにか教えていらっしゃいますね?」(これもかなり頻繁に言われます)
「ええまあ、そうです」
「あなたの造るものや伝えようとするものは、とても強く人に影響を与えます。いままでずいぶんといろいろな人を育てたことでしょう」

・・・・・(う~ん、そんなに力強く言われると嬉しいけど、実はかなりしっかり育てた人もある)・・・・これは言葉にしていない・・・そういえば今、ライキ君もサルサで育ててる、笑笑

「なにか芸術方面ですか?」
「そうです、写真です」
「はぁ~ !」・・・今度は向こうがびっくりしている。続けて
「あなた自身がとても強い波動をもっているけど、あなたの背後にあるものがもっと強いのです。その人があなたのことを強く支えています。あなたの家系には国造りをした人がいるでしょう?」
「えっ、クニツクリ? いやあ、べつにぃ・・・」・・・まるで神話みたい、だんだん面白くなってきた。(父はコッカコウムインでしたが、それで国を作ったとはい難い、笑)

「そういうのもありなのです。そして今日という日はあなたにとってとても大切な日なのです。なにかの記念日でしょう?」

「はぁ~」と言いつつ、空を見上げて私・・・(あたってるわ)
・・・・ちょっとここでは書けませんが、実は今日は私にとってとても大切な日なのです。占い師さんにも言いませんでしたが。

「そうでしょう? その理由をよく考えなければいけません」
「ふむふむ、ありがとうございます」(なるほどねぇ、考えるといいかも)

「でも、そろそろ私、行かないと、約束の時間なので」(これ本当、しかも最初から二分だったんだし)「行きますね、ありがとう。とても面白いお話でした。」

占い師さんちょっと残念そう。てもね、ここでやめておくのがセベストなのよ、皆さんもそうしてね。

歩き始めてから、私、はっと、する。

今日、渋谷の学校で私は「チェ・ゲバラ」のドキュメントDVDを皆で見たばかりだったのでした。あの人なら間違いなく「くにつくり」しましたねぇ !

まっさか、でも、チェ・ゲバラさんが護ってくれていたりしたら、それは相当凄いです。

今日が大切な日であることと一緒によく考えてみるのがいいかもしれません。ありがとう、おま。占い師さん !

まだ最近の「ゲバラ」さんの映画は観ていませんが、観るといいかもしれませんね !

またその後、考えたのですが。フェラ・クティも「フェラ・クティ、あのナイジェリアのミュージシャンで闘士だったあの人も、「カラクタ共和国」というくにつくり、を本気でやったのでした。

勝手に空想してろ、という声も聞こえますが、いいんです。私の空想なんだから。
[PR]
by afrimari | 2009-02-05 00:18
物語は・・・
じっさいに起きたことではないかもしれない。

しかし、起きなかったからといって真実でないとはいえない。

人々の心になかで、現実以上に、真実と受けとめられることがあるのだ。


・・・「ノウサギの選択」ーーデニス・ハムリーーーこうして書き出してみと、弱く感じるなぁ・・・もうひとつ

この世には、実際には起きなかった、もうひとつの世界がある。

好きだな。これは、フランスの文学者の言葉のようです。
[PR]
by afrimari | 2009-02-05 00:13
昨日はすごい日だったなぁ・・・「叩く会」参加して、昨日は格別人数が多かったので熱気もいっぱい。コンガの音色って大好き。でもなかなかこれぞって音に到達していない。なにかひとつ、パコンと見えたら出る気がするんだけど。でも楽しい。

その後、最初からの予定で、新宿のM’sでサルサ・パーティ。長い間ここのサルサは閉じていて、他のパーティをやっていたらしいけど、久々の再会の初披露目らしく、すごく楽しい踊り手とDJが集まっていた。

入るなり、ショーの真っ最中。おおっ、サルサのクラブでこういうの見たの初よ。すてきだぁ!揃いの衣装でびしびし踊っているではないの !

今日、叩く会に初参加した友人のライキ君と、この日叩く会で初めて会った、たごさんと一緒に。先日六本木にもでかけたカルロス(彼は名前のわりにはシャイなんだけど)とリッツも途中で無事到着。えっ、昨年の暮れから「一緒に踊る男」を募集し続けていてむなしい結果に終わっていたのに、今日は私一人に男4人? 快挙じゃぁん、というところですが、実はほぼ全員が初体験めいていて。

ところが ! 皆、飲み込み良く、特に太鼓をやっている二人はあっという間。やはり、リズムなんだね ! 特にライキ君。凄~い ! 「ちょっと教えたらあっという間」と言ったら、私の友人が一度踊ってくれて「どこで教えたの?」「今、ここで」「「えっ !」 って言うくらい。

彼、曰く「少し踊れるようになったら、もっとうまくなりたくなる ! 」偉いわねぇ! じゃっかん24歳。これから楽しみにしているからね ! うまくなって私をくるくる回してね。うまくなったとたん突然他のパートナーとがんがん踊りだしたりしたら、その場で足かけたあげるからね、笑 冗談冗談

ほんと、感激。その上、フロアで踊っている中でピカ一君発見 ! 長身、アフロ系(コロンビアの人でした)。う~ ! いい感じ。あの人と踊りたいっていうことで、休憩室に入った彼に「踊ってください !」
「あ、今から僕、ショータイムに入るから、終わってからね」えっ、プロだったんだ、どおりでね。もう凄いんだもの、いい感じぶりが。

で、その彼のショーたるやもう、日本にいて、サルサでこんなすてきな踊りを見たの、初めてよ ! これが踊りというものなの ! しかし・・・今考えてみたらショータイムの直前に頼んでよかった。あの踊り見ちゃったら、ちょっと頼みにくかった。でもいいんだ、この機会に踊るのよ ! ということでペアダンス。あああっ、本当のこというとコケちゃいました。わりとスローにやさしく踊ってくれる人なんだけど、呼吸がつかめなくて回り方が違っちゃったり、彼びっくりして基本ステップに戻っちゃったり。しかも短い曲で・・・そう思っただけ???笑あっという間に終わっちゃったので、この次ねぇ~、という感じ。う~ん、この次までには、やはり基本しっかりおさえるべきと、肝に命じた私でした。

だって、今までほぼ本能と直感でしか踊っていなかったから。一応ステップは知っていたけど「そんなのどうでもいいの !」
主義だったんで。踊り手でもあるけど、インストラクターでもある彼は、それが気になっちゃったみたいだ。よし、NEXT !

長くなっちゃっいましたが、太鼓は、叩く会の前に、バタも習い始めました。三つの太鼓を組み合わせてポリリズムを作る、究極の複雑熱帯リズム・・・バタのことを書くといよいよ長くなるので、またの機会に。ふぅ~ !

一つ、付け加えると、私、仕事もしているんですよぉっ、笑
一昨日は雨の中、4月に品川Sタワーで開かれる「BS番組・写真家たちの日本紀行」に出演した写真家の作品展参加のための写真セレクトと、テストプリントを出しに銀座CANONへ。とかなんとか、やっているわけです、はい~。
[PR]
by afrimari | 2009-02-01 14:02