写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

村上春樹さんが、イスラエル最高の文学賞である「エルサレム賞」を受けるらしい。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009012500005

昨日、この記事を新聞で読んだ後、夜、サルサ・スダーダへ。最近知り合ったエル・サルバドル出身のカルロスと、NYから来たマイクル。実は二人ともほとんど踊れず・・・うっ、まぁそれはいいんだが。

文学青年マイクル君は、村上春樹の大ファンで全部読んでいる、というので嬉しくなった。そして、この話題。二人とも無言だったな。

どう思ったかを話せるような静かな環境ではなかったし。

なにもね、政治と文学を混ぜ合わせて考えようとは思いませんが、この時期にねぇ、というのがなんだか残念な気もします。春樹さんはむちゃ頭のいい人だから、すべてを考えて受けるんでしょうねぇ・・・


すっごく遠くに住んでいるお二人が帰還された後、Hちゃんと友人登場、ちと、遅くない? 君たち、笑 まあ、私としてはダンス仲間のHちゃんが来てくれたお蔭で、ソレまでのぶんも発散してびしびし踊りまくりましたが・・・笑笑

ここ数日、そうスダーダへ行った日と同じ日だから、昨日か?! あらっずいぶんと日が経ったような、ま、いいですけど。

午後、ものすごくよく陽のあたる近所の喫茶店へ行って、茂田井武さん(1908-1956)の「茂田井武美術館 記憶のかけら」という画集を眺めた。(2008年9月講談社刊)

いいんです、これ。すっごく好きです。
怪しく、魅力的な影を描いた作品もいいけど、後期、子供ために描いた絵もだい好きです。

絵は見せられないので、言葉の抜粋。
「小サイ青イカサカサ」・・絵のタイトルです、最高でしょ?わかるぅ・・

「駄菓子やのおばあさんは延々として生きている
一文菓子が一厘菓子になり一銭菓子になり一円菓子になり十円菓子になり百万円菓子になろうとも駄菓子屋のおばあさんは死なない」

いいなあ・・宇野千代さん、駄菓子屋版、いえ、本当の宇野千代さんは亡くなりましたが・・・

茂田井さんは、賢治も好きだったみたいだ、同じ、私も。

子供の絵を愛していて、合作もしてしまったらしい。どこまでだか見分けがつかない、と書いてある、笑

何日か前に観た、能面展も良かったけど(三井記念美術館、終わっちゃいました、すみませんいつも遅くて)、私自身は茂田井さんグループに所属しているのだな、と自分で思う、勝手にね、笑

勝手に入りましたよ、

この方自身はずいぶんと辛いことも多い人生だったようですが・・・
[PR]
by afrimari | 2009-01-27 13:05

1月21日という日

あちらにとっては20日ですけどね。 実はノこの日記、Mixi上で書いたものをこちらに今日、写したのです。ほんとうにやくればせ。

見る人は皆見ているし、となにもアップしていなかったけど・・・遅まきながらやはり。オバマ氏、就任演説。

http://jp.youtube.com/watch?v=LGd773j6NjE&feature=channel

日本語は、新聞に全文が出ていましたね。

極寒の1月、夜明け前から地下鉄に乗り切れないほどの人々・・・200万人が詰めかけというニュースで思わず目頭熱くなり。
60年代のあの頃(ちゃんと知らないけど)に繋がるものをどうしても思ってしまう。バスのボイコットや、「私には夢がある~」とか。
期待は大きい。ほんとうにがんばってほしいよ。

私といえば、私的にも凄い日で。

教えているジャーナリスト専門学校の授業に間に合うにはちょっと遅すぎる目覚めで焦る所に電話「今日の舞台のチケットをどうにかゲットしたので、来て」えっ、今日の夜は向井さんの60年記念だよ・・・どうしよう?!

時間と場所をきけば、初台。新国立劇場。以前フラメンコで繋がっていたN君の晴れ舞台、行かなきゃ。向井さんは新大久保、なんとかなる。

20分という時間枠だったけど、充分の迫力あり。鍵田真由美、佐藤浩希率いる舞踊団の一員だ。しばらくアトピーで大変だっただけに、回復、良かったね。こうやって舞台を踏むその一度ずつが彼の人生なのだ。

少し遅れで駆け込めた向井氏の舞台。20数年ぶりの再会。
「60年はそっとしておいて欲しかったな」の言葉に苦笑する。嬉しくもあり、本音でもあり、そんな気配が人間らしい。相変わらずのダンディだけど、積み重ねた私のまったく知らない年輪が彼の周囲をふちどっている。仕切り人の同じ楽器トロンボーニスト中路さん、お疲れ様でした。スバラシイ後輩たちがいる、ということもまたすごいことなのでした。

この日は後半ご一緒したPさんのお蔭でたまんないようなスケジュールをクリアしていただく、本当にありがとうございました !

しかも!Pさんの母上と私の母が知り合い? と言うような話しにもなったのですが、どうやら同名にちかかったような? 本当だったらいよいよすごい日だったのですが、笑
[PR]
by afrimari | 2009-01-24 13:26
今年になってから、私の頭の中は仕事しようというモードでいっぱいなのに、なぜか向こうからやってくるのは遊びのお誘い「ばかり」なりぃ~

それならそれもいいか、と乗っていってしまう私なのでした。ある意味、ありがたくもあるわけなのですしぃ~

16日、武道館。昨年仕事をした関係でMisiaさんのライブに呼んでいただいた。彼女はアフリカの子供のための基金も始めている。http://child-africa.org/home.htm  MCではそんなお話しも盛り込まれていました。ずいぶんと長いお付き合いになるデザイン・プロデューサーのK山氏とご一緒。Misiaさんの「声が凄い」というお話をしていらしたので。

K山氏はごく最近までいらした横浜のベイサイドのオフィス時代、そのビル一階にあった(もうこれも過去だ) ポートサイド・ギャラリーで私の「スプーン曲げに夢中」の写真展をやっていただいた人だ。

武道館、懐かしさでいっぱいになった。久しぶりだったし。あんなコンサート、あんなライブも撮ったな、と自分のことではないような気分で思い出す。今見ると、武道館が小さく感じられる。でもここをいっぱいに走り回っていたか、と思うと、勝手に自分で感慨が・・・あはは

17日、マイミク、ぺすかちゃんのお家の新年会に呼んでいただく。多摩の大っきくて新しいお家。高台で夕焼けが綺麗なの ! 「耳をすませば」とか「平成ぽんぽこ・・・」の舞台にいるような、いや実際舞台になっているのでした。このおうちでなにより気に入ったのは、あらゆるところが広々とられているところ。玄関、トイレ、など普通は面積を節約するところをいっぱいにとってある。いいな、それと、お部屋が真四角じゃないこと。これ好きなんです、私。
よくマンションとかで変わった形になっている部屋もありますが、あれは建てる時の向きとか、面積の使い方、という「都合」でそうなっているのですが、ここは、そうじゃなくて(だって真四角にしようと思ったらいくらでもできる)わざとななめっていたりするわけです。

モンゴルの住まいは○。元々アメリカンのテント、ティピも○くて上が尖っていたりするわけですし、なにもまっ四角な部屋に住む必要はないわけですね。なので、変わった形、歓迎。なんだか長くなりました。お部屋の構造とか家の造り、とか大好きなのよ。

ぺすかちゃんの版画作品が大切そうにギャラリーいっぱいに飾られていました。ほんわか・・・

三線の演奏など聴きながらゆるりと始まり・・・もっとゆっくりしたいところが、この日はキューバン・カフェで「ルンバ」を見る予定。しかも多摩から築地はそんなに近くない~
消えそうな夕焼けとおっかけっこをするようにバス停に向かう。見送ってくれたぺすかちゃんの顔が自分で描くペンギンみたいて可愛い ! 彼女のお母さんもとってもトンデレラで、可愛らしい方なのでした ! お父さんはまだ謎です・・笑

時間びったりにキューバン・カフェ。店に足を踏み入れた瞬間に最初の音がポンと鳴りました。この日はたけうちtatataさんとそのグループの演奏。グルーポ・アチェ。私が長年、これもずぅっと付き合ってきたヨルバ・トライアングルの世界なのです(説明長くなるので、興味ある方は私の著書など読んでくださいましぃ~、と軽くながしてしまいます)

メンバーの一人Oさんのお弟子さんが、今私も参加させていただいている「叩く会」のお一人、というか世話人のようなものをやってくれている方で、ご一緒した。そのお姉さまもご一緒に。楽しかった、面白かった ! 初めて見る、聴く、人はひく、かな、笑
終わりごろにelectropicoさんもやってきて・・・

月曜、渋谷の学校、仕事、仕事 !

明日は、トロンボーニスト、向井滋春氏の「The 60th Anniversary」 ライブです。

私はほぼ、20年ぶりの再会です・・・うううっ。これも詳しく話すと長いので。

ほぼいっぱいみたいですが、マイミク「まぜるな危険」さんや、「さいて~おとこ」さんの日記に書かれています。よろぴく。

【会場】東京・新大久保 Space Do
新宿区百人町2-8-9 TEL03-3361-2211
http://www.kkdac.co.jp/home/do/domap/domap.htm
[PR]
by afrimari | 2009-01-20 17:27

ネギの落しものぉ~

寒いですね !

もう今年一番の冷え込みなんじゃないかと・・・?

こういうときは体温めないと、ですね。

で、ネギ。
一昨年の暮れ、だから一年と少し前、スーパーで買ったはずのネギが家に帰ったらない ! どっかに落としたみたい・・・と諦めきれず、どこかにあるかも、と自転車で戻ってみた(いやぁ、笑)

なかったですね。いったい誰が? あんなもの拾って食べるの? 爆弾ネギだったりしたらどうするの? そんなわけないか、日本は平和だな、いやもう今はそんなノンキなこともだんだん言えなくなってきたかも・・・

ところで、今日もまたネギ買って落としました。まあ、自転車からはみ出しやすいものですから、落ちやすいんですけど、どうして二度もネギ、落とすかなぁ??

今回は、買い忘れたものもあったので、スーパーで訊いてみました。
「すみません、ネギ落ちていませんでしたか」
係りのおねえさん、すぐさまノートを開き(おっ、ネギも届いたりするのか? 届くとノートに書くのか? とちょっと新鮮な気分)
「申し訳ありませんが、まだ届いておりません !」

いやぁ、お財布とか、手袋とか、そういうものと同列に扱っていただいて、ウチのネギもどうもぉ・・・ということで、っていうかその前にもう買いなおしていましたけどね、だってなさそうだもの、あったら凄いもの。

ネギ、どこへ行ったんですかね? 誰かの胃袋に納まっているんでしょうか? そうだといいですね、道端でおっこちたまま朽ち果てるなんて可哀想過ぎです。

買い直したネギ? 食べましたよ。
鶏と野菜のスープにどっさり入れて、白いところざくざく輪切りで、美味しかったです !

どこかのチンパンジーさんたちも、風邪予防にネギをあげたら大変な流行りようで、って書いてありましたね。ときどき、メスの気を惹くときだけは、プレゼントしたりする、って。どうも、チンパンジーの話ってこういうのばっかり多くて・・・いやはや。長くなりました。

寒いので、ネギ食べて、冬越しましょうね、とやっと枕に戻る、ふぅ~、

ネギ、蜜柑、お餅、レモン、魚の鍋とか、全部、風邪予防に効きます、です !温かくしてお休みなさぁい !
[PR]
by afrimari | 2009-01-15 21:05

大っきなまん丸のお月様

描いた

昨日の夜、出かけるときに「こんな大きなお月さま初めて見たよ」というほど大きなお月さまに会った。

道の正面の、建物や電線の間から顔を出していて、「新しいネオンかなにかができたのかと思った」ほどだった。

もし昨日が満月ならば、今日は満月の翌日。
大っきなまん丸のお月様、描いた。

気っ持ちいい ! 世界の人が皆、太鼓を叩いて、お月様の絵を描けるようだったらいいな。

こんなにいい気持ちになったら、戦争なんかしたくなくなる、はず・・・

昨日は、二・テテちゃんのフェアウェル・パーティ太鼓叩き、だった。
でもすぐ3月にまた日本に戻ってくるんだけどね。

ここのところやたら二・テテちゃんの話題が多かったけど、しばらくはなくりますねぇ。
[PR]
by afrimari | 2009-01-12 20:16
9日、お時間のある方、ぜひどうぞ。
梅津さんはゲストです。一緒にやってみられたらどうかなぁっと思ったら、実は、おじさんのアジャ・アディとは「何度もやったよ」とのこと。やっばりぴったんこの組み合わせなのかも・・・♪


1月9日。新宿 たかのや 新宿区新宿5-2-3・・・・厚生年金会館の駅から遠い側の並びのようです。

問い合わせ  03-5919-0228
出演 二・テテ、 太鼓集団「天邪鬼」(景山伊作  渡辺大介  クリス・ホランド) http;//amanojaku.info
(後援)ガーナ共和国大使館
[PR]
by afrimari | 2009-01-07 21:46

日光浴 と ラジオ

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

住所違いで戻ってきた年賀状などの新しいものを書き、投函しに行った帰り、あまりにも天気がいいので、少しだけ、と砧公演。

太陽の光があまりにも気持ちよくて、まっすぐ太陽に向いて日光浴していたら、
ラジオ局の人がインタビューさせてくださいっ、て 笑

「いいですよぉ」

驚いたことに、最後の一言が「踊りましょう !」だった。
まさに私のために用意されたような一言で、笑

「あ、踊りましょう !」と言って立ち上がったらびっくりされた。

今年初のインタビューで、今日は私一人だったそうです。いい幸先ですね。

もし、聴こう、なんて奇特な方がいらしたら
明日、1月4日 FM NACKS 79.5 メルリク・ボックス・デラックス
12;55~の番組ですが、私が出るのは2;30ぐらいからみたい。どうぞ、ご無理なくなく、笑
[PR]
by afrimari | 2009-01-03 15:29