写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久々の投稿

久々の投稿になりました。
写真の配列がうまくいっていませんが、wifiの時間が惜しいので、このままで。
また直せる時にやります。上から、キッチン、そして歌、のキャプです。てへへ
f0180788_4561542.jpg



f0180788_4515929.jpg
まずは仕事のご報告。
少し過ぎてしまいましたが、5月31日付の毎日新聞にキューバの記事が掲載されました。ただし、兵庫県版です。見れる方がいらしたら、ぜひにぃ~。コピー、ほしいなぁ・・・

次は、お歌の話し。
ハバナの目抜き通り、Ave.23のKING BAR というというところで歌いました。歌は「20 anos」
いやぁ、やはり緊張しまくってしまい。でも、皆さんが喜んでくれて会場が大合唱に ! (キューバの人たちの声はどでかいので、いよいよ私の声は聞こえにくくなりました)。このお店は、今ハバナの中ではけっこうヒップなお店ということで、中ばくらいの若い人、笑・・・思いっきり若くない。30代~40代を中心にかなり熱くなっている場所です。
そんなに広くない会場にぎっしりの人。200人くらいいたかしら?ここは、混みすぎて入れない人もいるほどなんです。フラメンコ・ロックみたいな演奏に、皆、大盛り上がりしています。客席から踊り出す人・・・しかもかなりうまい・・・あ、フラメンコですよ。ギターもスパニッシュです。でも、曲はキューバの曲なんです。変わってるでしょ? すっごく楽しんです。
ボリビア出身のバーテンダーさんの飛び入り「変わりフラメンコ」もカッコ良かったです。
こういうのもありですねぇ・・・と。

私としては、思うように声が出ていなくて、ガックシ体験だったのですが、先生は「とっても良かった ! 」とまったくけなす様子なし。なんて心が大きいんだ。「観客の反応も素晴らしかったしね」とどこまでもポジティブな姿勢が変わりません。見習うところ、多々です。

来週、また歌うことになりました。なんだかどんどんチャンスをいただけるので、「そんなら歌いますねぇ」ともうなにを聞いても驚かなくなってきました。いいことです。

おウチのキッチン。カーサ・パティキュラル、という下宿屋みたいなところです。大学生はこういうところにいて、登録しないといけないのです。で、自炊しています。この写真は、タマネギ刻んでますね。こちらのタマネギは小さいので、見えてません、笑 ここのカーサでは、朝ごはんのみ頼んであるので。とは言え、私がどんどん自炊するので、だんだん朝も放置状態になってきました。「マリコ、パンはここねぇ。果物は冷蔵庫だから」って、ふつうは出してくれるんじゃないかなぁ? ま、いいけど。だってとっても優しくて、おおらかで、いい人なんだもの。コーヒーは、濃くて甘い、あのキューバコーヒーがいつもポットに入っているので好きに飲んでいいのです。嬉しい・・・
でも写真で見ると、ずいぶんカラフルで可愛いキッチンなんですね。ここの女主人さんは、おおらかなぶん、いろいろなことを気にしないらしく、かなりな確率で、台所が散らかってます、笑 でも私が洗い物を忘れていても、それも気にしないみたいなので、とっても楽です。おおらか、っていいなぁ♪
カーサもここに行きつくまでにずいぶんな変遷がありました。天井が崩れて来て引っ越したり、ああ、疲れた・・・

でも、あと10日ほどで、ずっと以前から約束していたカーサにまたおひこっしです。最上階で、広くて、独立キッチンと、独立浴室、広~くて眺め抜群のテラス付きなのです。場所はセントロですが、旧市街のカビトリオまで眺められます。
しかも、ご飯の美味しさは折り紙付き。
今いるここの人とも仲良くなったので、引っ越すのは心残りですが、とっても近いのでまた遊びに来ることに。ずっと自炊し続けるのも、けっこう疲れるかな、と。ただ、次のカーサも昼ご飯は出ないので、気が向いたら日本食をつくって食べます。先日は、鶏と人参の炊き込みご飯と、ナスの味噌焼き造りました。お醤油と味噌は持ってきていて、本当に良かったと思います ! こちらの食べ物は、油が多いので、あっさりしたものをつくって食べた時は、ほっと一息の瞬間でした。
ではまた、「私生活」の報告しますね。
少しだけパブリックなものは、次は、朝日新聞社の「web論座」でご案内できると思います。



写真キャプ1
真剣すぎて、恥ずかしい私。先生に見守られてて、いよいよ恥ずかしいです♪♪

写真キャプ2
髪、ざんばらですが、お辞儀したとろこだからです、笑 中国人のこちらでお友達になった人が撮影してくれました。どうやら私は中国の人と、仲良くなりやすいようです。はっきりしてて、オープンだからかな。もちろん、キューバの人のお友達もいますけど、彼らはとってもスぺイン語がうまいので、当たり前だけど、同程度にしゃべることができないので、まだまだですねぇ。

写真キャプ3
すべて終わって、ほっと一息、が一番いい顔してました、jajaja

4今、住んでいるところのキッチン
f0180788_4522513.jpg
f0180788_453032.jpg

[PR]
by afrimari | 2015-06-17 04:53