写真家 板垣真理子 の楽しい 日記 です


by afrimari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キューバ日記、その4? かな 暑さで・・・

今の生活、日記
ハバナに来て、一か月が経過。
どうしてはっきりわかるかといえば、一月過ごしたカーサ(一般の人が旅行者に部屋を貸している所)を引っ越したからです。
マチスモの国の中でも、特にその傾向の強い貸主だったので、私にはとっても不向き。もう一方は、とっても優しかったんですけどね。ええ、男性二人が住んでいるところです。なかなかに大変でしたわ。

それは置いといて。
大学に通い始めて、すぐに休暇がきて一週間休み。再開して一週間が経ちました。授業の進み具合が早いような遅いような、で戸惑います。
本気でスペイン語だけを勉強したいなら物足りないかもしれないけれど、他の諸々をしながらだと、それなりに大変です。自分の立ち位置を見極めて行かないと、と日々感じます。

日々暑さも増してきて、これからもっと暑くなったらどうなるのか、と思います。
時々、クーラーの効いたホテルに逃げ込みます。もちろん家にもクーラーはあるのですが、暗かったり、ずっと部屋にいるのは気持ちまでこもりそうなので、外に出ます。
こう暑いと、外に出る時間も考えないとなりません。

今日は小さな収穫がありました。
偶然知り合った、ケイマン諸島在住のキューバ人の女性の立ち話ができました。明日、帰ってしまう、ということなので、時間がなく。でも短い時間で重要なことはしっかり訊けた。頭のいい人だった。美しくもあったし。プロのダンサーさん。キューバは踊り手の宝庫だ。

そうそう、付け加えることが。新しいカーサでのこと。今日、目が覚めたら、入る時にもそうなっていたように、天井の漆喰? がはがれて、ベッドの足もとと・・・まだ頭ではなくてよかったけど、と床にかけらと粉がたくさん散乱。あ~あ、なんだか喉も痛いよ、ということでもちろん直してもらうことに。
「ちゃんと綺麗になるまで、別のカーサに連れていくから、そこにいてね」
て、また引っ越し。疲れちゃうよ、まったく。こんなことばっかりしていて、なかなか落ち着けないのです。うんうん。では、ブログへどうぞ、ね?
追記、カーサを変わると、大学にも言わないとならないので、そのたびに、切手10セウセ分と、顔写真何枚かが必要になります。こないだは、それを揃えるのに、まる一日近くかかりました。待たされるから。はぁ~ !  しなくてもいいような苦労が多いよ、まったく。
[PR]
by afrimari | 2015-04-29 01:48